市山流とは

市山流とは日本舞踊の中でも古い流儀であり、流祖は宝暦年間(1751~1764)に活躍した歌舞伎の振付師で、長唄「越後獅子」、長唄「大原女」、長唄「浅妻船」等が初代の作品です。

現在は全国の日本舞踊家によって結成された最大の組織の日本舞踊協会の要職にある宗家市山松翁、また家元市山松扇を始めとして親戚一同、全国規模で日本舞踊普及のため、活動しています。