宗家三代目 市山 松翁(いちやま しょうおう)

profile01_001.jpg

4才の時から母、五世松扇に師事、また後に宗家六世藤間勘十郎に師事。
16才の時、先代松本幸四郎師(八代目)に部屋子として入門し歌舞伎修行。
同時に三田佳子さんのデビュー作、連続テレビドラマ「ヒマラヤ天平」において主役の天平を演じる。
昭和34年9月、明治座に於いて六世家元を襲名。
平成2年9月に家元襲名30周年記念公演を東京国立大劇場にて開催。

東京に本拠をおき各地で門下の指導に当たり、流儀の舞踊公演は毎年東京、横浜、静岡、神戸、博多等で開催している。

代表作として義太夫「里見八犬伝結城戦争の段」、長唄流舞「山」、「扇」等がある。

平成16年5月9日国立劇場大劇場に於いて息子に家元を譲り、母の名を継ぎ松翁を名乗る。


役職
(社)日本舞踊協会理事
(社)日本舞踊協会東京支部城南ブロック相談役
全日本舞踊連合常務理事
品川区舞踊連盟会長




>>プロフィール一覧に戻る