七世家元 市山 松扇(いちやま しょうせん)

profile02_001.jpg

幼少の頃より父(現宗家、松翁)に師事。

昭和44年9月、2才7ヶ月で新橋演舞場に於いて「勇肌神田祭」にて初舞台。
昭和57年12月父、現宗家より二代目松之助を許される。

平成2年同大会に於いて清元「流星」で大会賞受賞。
平成3年同大会に於いて長唄「大原女」で大会賞受賞。
平成4年同大会に於いて常磐津「独楽」で大会賞受賞、併せて会長賞を受賞。

平成10年12月、同士11名からなる日本舞踊集団『弧の会』を結成、代表となり幅広く活動。
平成12年、弧の会作品「御柱祭」にて2000年度舞踊批評家協会賞、新人賞受賞。

平成15年度 花柳壽應賞第17回新人賞受賞。

平成16年5月9日、国立劇場大劇場に於いて父(現宗家、松翁)より七世家元を襲名し松扇を名乗る。

平成16年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。

平成20年第63回芸術祭にて弧の会結成10周年記念公演コノカイズムにて、芸術祭優秀賞受賞。


役職
(社)日本舞踊協会参与
(社)日本舞踊協会東京支部城南ブロック書記長、品川区委員、全日本舞踊連合代議員
品川区舞踊連盟委員
集団日本舞踊21理事
舞踊集団『弧の会』代表



関連リンク

◎市山松扇のHPはこちら。

profile02_hp.jpg

◎弧の会のHPはこちら。




>>プロフィール一覧に戻る